モデル拒食症で死去。気になるBMI判定をしてみよう


スーパーモデル拒食症で死去 (日刊スポーツ )

米国で活躍していたブラジル出身のスーパーモデル、
アナ・キャロリーナ・レストンさん(21)が拒食症が原因で16日(日本時間17日)、
サンパウロ市内の病院で死去した。

死亡時は172センチ、39キロだったという。
レストンさんは13歳でモデルを始め、アルマーニなどトップブランドのショーに
数多く出演していたが、食べては吐くことを繰り返す摂食障害になり、
治療を続けていた。最近「やせすぎモデルは不健康」として、
スペインのショーで、BMI(体重÷身長の2乗)が18以下のモデルが
出演禁止になったこともあった。レストンさんのBMIは13・2しかなかった


摂食障害は本当に怖いと思います。
肥満でもヤセ過ぎでも体がおかしくなる。
体調管理をすると思ってもなかなか難しいもの・・・。
スーパーモデルとしてのプレッシャーとかあったのでしょうか。

自分のBMI値というのはどんなものなのかと調べてみようと思ったら
面白いサイトを見つけました。体調管理の第一歩は自分の体を知ること!?

■BMI判定はコチラ「気になるBMI判定」
[PR]
by pp0613 | 2006-11-17 11:13
<< 猫が子犬を3匹出産!? 若槻千夏 過労でダウン。 >>