島田紳助暴行事件、女性の頭部を5、6発・・・。

『「紳助傷害事件」被害女性が賠償請求』

タレントの島田紳助(50)が04年、
所属先の吉本興業の女性社員を殴ってケガをさせた事件で、
被害女性が4日、紳助と同社に計約4400万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。
「事件後、不当に退職させられた」として、同社との雇用関係確認なども同時に求めた。

事件は04年10月発生。
紳助は大阪市の朝日放送で原告の女性を控室に連れ込み、
リュックサックや手で頭を殴ったり、つばを吐きかけたりし
大阪簡裁で同年12月、傷害罪で罰金30万円の略式命令を受けた。

関係者によると、女性は首の捻挫や心的外傷後ストレス障害(PTSD)などと診断され今も通院中。
仕事も休んでいたが、同社は今年6月「休職期間満了」として女性を退職させたという。

女性側は「島田さんは事件後の記者会見で暴行を実際より軽微に説明した。
また、仕事ができなくなったのは職場での(島田さんに受けた)暴力によるPTSDが原因
無理やり退職扱いとしたのは無効」と主張している。


また吉本は
「週明けまで訴状の内容を確認できないので、コメントできない」としているが、
報道を受けた紳助は同社を通じ
「(被害女性には)今まで通り、誠意を持って対応していくつもりです」とコメントした。

今まで通り、誠意を持った対応・・・
計約4400万円の損害賠償を請求する女性に誠意を持った対応だったかどうか。
事情は分からないが、女性に上記のような暴行を加えたこと酷いとしか言い様が無いと思います。
女性と島田紳助の話は食い違っているようですが・・・。

高熱でダウンし収録休んだとありますが
このタイミングで高熱とは、どういうことなのでしょうかねぇ。


【関連記事】
紳助高熱、3日間仕事キャンセル

島田紳助暴行事件リンク集

a0079375_12552463.jpg

[PR]
by pp0613 | 2006-08-07 12:55
<< トイレ後の手洗いで気になる事 亀田興毅・微妙な判定、TBSに... >>