カテゴリ:芸能( 171 )

妻夫木&柴咲、USJでデートって違くない?


妻夫木&柴咲、USJでの2時間ラブラブデートを告白!? (サンケイスポーツ)

妻夫木、5000人の前で柴咲との“デート”を告白!?
熱愛中の俳優、妻夫木聡(26)と柴咲コウ(25)が
7日、大阪・此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で
2人がW主演した映画「どろろ」(塩田明彦監督、27日公開)のヒット祈願イベントを行った。

関係者によると、2人はスタッフら10数人と来場し、4~5カ所のアトラクションを体験。
「特別、来場者に気づかれることもなく、テンションも高めで楽しまれていたようです」。
グループ行動とはいえ、約2時間の“デート”を満喫したようだ。

この日は観客の目を意識してか、2人で見つめ合う場面はなかったものの、
笑顔いっぱいで“幸せオーラ”に包まれていていた。その後2人は同所で行われた試写会で
舞台あいさつを行った。



ラブラブデートとか言うから、てっきり2人きりでUSJに行ってスクープされたのかと思った。
違うじゃん、仕事じゃんとか思ったが妻夫木&柴咲の仲は良さ気な感じがしますね。
噂通り、本当に結婚とかしちゃうんでしょうか。

<<関連記事>>
■妻夫木&柴咲 前日入りUSJデート
■柴咲コウと妻夫木聡、結婚の“Xデー”・・・!?
[PR]
by pp0613 | 2007-01-08 10:55 | 芸能

東山紀之と内山理名、事務所が認めた交際・・・。

ヒガシと内山理名の熱愛発覚 (日刊スポーツ)

少年隊の東山紀之(40)と女優の内山理名(25)が
交際していることが2日、分かった。

2人は一昨年1月に放送された東山の主演ドラマ
「棟居刑事の捜査ファイル」で初めて共演し、収録を通じて仲良くなったという。

東山の所属するジャニーズ事務所は「お答えすることはありません」としているが、
内山の所属事務所は「もう大人なので、本人に任せています。温かく見守ってください」と
交際を認めているそうだ。


えー


ヒガシに交際とかイメージがないのか驚きである。
内山理名かぁ。
[PR]
by pp0613 | 2007-01-03 18:33 | 芸能

<紅白>裸生放送した問題のNHK、OZMA突き放す?


過剰演出のOZMAをNHK突き放す (スポニチ)

昨年大みそか放送のNHK「第57回紅白歌合戦」
DJ OZMA(本名と年齢は非公表)が、裸に見える衣装を着た
女性ダンサーを登場させた演出をめぐり、視聴者からの抗議や問い合わせが
約750件に上ることが2日、分かった。

NHKは公式HPに謝罪文を掲載。
DJ OZMAは今後、同局に“出入り禁止”の可能性もある。


記事によると、過去にも有名なアーティスト達がいろいろやっているんですね。
その時は見ていても覚えていない。今回のOZMAの件はどうだろう。
公共放送で裸(まがい)の放送はやはりいけないような気がしますが
リハの衣装と違うとかそういう前にOZMAを選ばなきゃよかったんじゃないかって
思ってしまうんですがそんなことが問題ではないですね、きっと。
しかし、やりすぎだったけどOZMAも可愛そうだなぁと思う所もあるような・・・。


NHKの紅白のサイトの謝罪文はなんだか誠意が足りないような・・・。

紅白の視聴率は低下。
放送日を一日早めたレコ大の視聴率はまずまずよかったようですが
NHKは紅白歌合戦の番組構成を変えたらいいのではないかと思うのですが
伝統とか長年見ている人の事を考えるとそうもいかないですよね。

NHK紅白歌合戦はどーなるでしょうか。
[PR]
by pp0613 | 2007-01-03 18:25 | 芸能

ほしのあきがNHK紅白で見せた谷間はエロくない。


ほしのあき宣言通り谷間くっきり/紅白 ( 日刊スポーツ)


紅白のバラエティーコーナーで
司会者ほしのあき(29)は、セクシー衣装で登場した。
当然のことながらボディースーツは着用せず、深い谷間がくっきり。


谷間くっきりでも露出が少なめだったので
そんなにエロイという感じはしなかった。
DJ OZMAの件で裸の絵のボディースーツを着たダンサーが問題になったが
隠れている部分の多いからOKとか谷間見せたからエロイとかいうのは違うような・・・。

セクシーってなんだ?と思ってしまう。


■2006年紅白歌合戦、ナイナ岡村にほしのあきポロリ!他
[PR]
by pp0613 | 2007-01-02 16:19 | 芸能

<紅白歌合戦>“乳だし”DJ OZMAとNHKの姿勢。


紅白“乳出し”苦情殺到/紅白  (日刊スポーツ)

NHK史上初のヌードに紅白が揺れた・・・?

12月31日に放送された第57回NHK紅白歌合戦
DJ OZMAの歌唱場面にトップレスの女性ダンサーが複数登場。

実は裸を描いたボディースーツを着た演出だったが、
同局には「ふざけすぎ」などの苦情が252件寄せられ、
急きょ放送中にアナウンサーが謝罪して対応した。
歌合戦は白組の勝利で通算29勝28敗と白星が先行した。

「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」の間奏で円筒の布に隠れた後、
瞬間移動したOZMAはブリーフ1枚の半裸状態で宙を舞った。
見事に成功させたが、視聴者が驚いたのはバックダンサーの姿だった【参考画像】

男女51人のダンサーが下腹部をキノコ1本だけで隠す演出だった。
ヌードに見えたのはボディースーツに精密に裸を描いた偽物だったが、
同局には「子供の見ている時間にふさわしくない」などの苦情が
番組終了までに252件寄せられた。


ボディースツだとは分かったけど確かにリアルだったかも。
DJOZMAが何かしてくれるだろうと期待した人も多かっただろうし
チ○コ出しちゃう発言こそただのネタ作りだったが、「やってくれた」という結果になった。
NHKは視聴率のために「何かやってくれ」と思っていたのではないか。
リハーサルと本番で衣装や演出が違うと言う事は実際色んなところでやっている事だったり
するので入念なチェックをしなかったNHJが悪いとかそういう問題ではない。

NHKで女性のトップレス姿を放送した事は問題である。
放送時間帯や視聴者層を考えると確かに問題。

紅白放送直後、深夜のTBSのカウントダウンTVでも同じ演出をしていたが
こっちは抗議の電話殺到なんて事はほとんどなかったのではないだろうか。

何が悪いかではなく何故悪いかを考えればNHKもちょっとは見直せる気もしますが・・・

話題性もあって、新鮮で、視聴率の取れる紅白にするのは今後難しいように思えます。
今回も前回より視聴率が低かったようですが・・・。

白組の圧倒的な勝利。
TVで見ていて紅組で一番頑張っていたのは仲間由紀恵だったように思えた。
[PR]
by pp0613 | 2007-01-02 16:04 | 芸能

倖田来未、2006年レコード大賞の泣きっぷり。

倖田17冠目、最優秀歌唱賞 (日刊スポーツ)

第48回日本レコード大賞が30日、東京・新国立劇場で開催され、
最優秀歌唱賞には倖田来未(24)が輝いた。
今年の倖田は、これで音楽やファッション関連の受賞で17冠を獲得。
さらに、EXILEとのコラボレーション曲「WON’T BE LONG」で特別賞まで得た。

今や、若い女性に計り知れない影響力を持つカリスマ。
この日も、3パターンのセクシー衣装で会場中を悩殺した。

最優秀歌唱賞を受賞者を呼ぶ際、カメラに映った倖田来未は
すぐに手で顔を覆い、大泣きした。あまりの早さにえ!?と思った。
ステージに上がる時少し前に披露した「夢のうた」の時とは違う
ミニスカートの衣装になっていた。見てる方は感動しなかったなぁ・・・。
涙を流しすぎて化粧が落ちないか気になってしまった。

新人賞を受賞した絢香の驚きっぷりの方が見ていて感動した。
今日は紅白歌合戦ですね。
[PR]
by pp0613 | 2006-12-31 16:39 | 芸能

「デスノート」を巡る日テレとフジテレビの言い分


「掟破りだ」と日テレに噛みついたフジテレビ( ゲンダイネット)

藤原竜也主演の映画「デスノート」を巡って、
フジテレビ日本テレビに“猛抗議”したというので
映画界の話題になっている。

「デスノート」は「前編」と「後編」の2部構成で
6月17日に前編、11月3日に後編が公開された。
まず前編が興収28億円のヒットを記録したのに続いて、
今も公開中の後編は50億円を超えるとみられている。

後編がここまでヒットした背景には
同映画を製作した日テレの“仕掛け”があったと言う。
後編の公開直前の10月27日に日テレが前編を放送したところ、
24.5%の高視聴率を獲得した。これが呼び水になり、
映画の大ヒットに結びついたと言う事らしい。

通常、映画は半年後にビデオ、DVDとして発売され、
1年後に地上波放送されるのが業界内の“暗黙のルール”があると言う。

これを1社でも破ると、どこも売り上げ優先の商業主義に走ってめちゃくちゃになる。
そのため各社はルールを守ってきたが、映画公開から4カ月ちょっとで掟を破り、
日テレが「デスノート」を放送。その掟を破ったことになる。
これに対し、フジの映画製作のトップ亀山千広映画事業局長が
激怒していると言う。

日テレ側は“『デスノート』は前後編で完結する映画なので
今回のことは特例として認めてもらいたい”と言っているという。


日テレが放送したから、後編がヒットしたというのはどうだろう。
確かにテレビで前編を見て、後編をすぐみたいから映画館で見ようと
足を運んだ人もいるかもしれないが、この記事はなんか違うよなーと思ってしまった。
映画とテレビ放送の関係は亀山さん(フジ側)の言い分は納得いくような気もしますが
テレビ視聴者としてはDVDをレンタルする前に、テレビで見られるなら嬉しいなぁと
いったところでした。これだけ映画公開から早くテレビ放送をしてしまうと、
色んな所で問題も出てきそうですね。


<<関連記事>>
「業界の暗黙のルール破られた」 映画デスノートめぐりフジが日テレに激怒 (痛いニュース)
■Lが主役!デスノート“外伝”松山ケンイチ大ブレークの裏側。
[PR]
by pp0613 | 2006-12-29 16:52 | 芸能

「王様のブランチ」のリニューアルっぷり。


エビちゃん&優でリニューアルされる「王様のブランチ」 (ゲンダイット)


a0079375_1629532.jpg
年明けに大幅リニューアルを控えている
TBSの情報バラエティー「王様のブランチ」

司会の寺脇康文(44)が降板。
番組開始以来、10年以上にわたって
司会を務めてきた寺脇の後任は、俳優の谷原章介(34)。



また、レギュラーだった恵俊彰、関根勤の2人も交代。
リニューアル後の『王様――』は20代の女性をメーンターゲットにして、
グルメやファッション情報を強化していくとみられているという。

20代女性に絶大な人気を誇る蛯原友里と山田優の“2枚看板”を検討している
との事だが、2人のトークで、恵や関根の代役が務まるか不安視する声が圧倒的だと言う。

昔からの「王様のブランチ」はもはや無いようなものでしたが、
関根さんや恵みさんなど、昔からのレギュラー陣がいる事で安心感があったような・・・。
はしのえみとか坂下千里子が出ていた頃が懐かしい。
「おいし~」とか「かわいい~」だけじゃなく面白い事とか新しい事とかやってたような。

視聴率取るのも、人気モデルを起用すれば・・・という考えなのでしょうか?
リニューアルされた「王様のブランチ」がどうなっているのか少し気になる。


<<関連記事>>
「王様のブランチ」大幅リニューアル恵俊彰、関根勤からエビちゃん&優に!

■エビちゃん(蛯原友里)2007年カレンダー (カレンダー)
[PR]
by pp0613 | 2006-12-29 16:29 | 芸能

安藤優子キャスター2度目の不倫で・・・


安藤優子キャスター不倫愛貫く (日刊スポーツ)

a0079375_13272171.jpgフジテレビ系「スーパーニュース」の安藤優子キャスター(48)が、
同局報道局部長の堤康一さん(48)と再婚したことが26日、
フジテレビから発表された。この日婚姻届を提出。

2人とも再婚同士で、挙式などの予定はないという。
安藤さんは「この入籍を一つのけじめとして、
これからもニュース報道に力を尽くしてまいりたい
と心に誓っております」とコメント。
今後も引き続き同番組のキャスターを務める。

安藤さんは89年に妻のいる大手広告代理店勤務の男性との
不倫を乗り越えて結婚したが93年に離婚した。
堤さんは「スーパーニュース」などを手掛けるプロデューサーで、
2人は96年から交際が始まったとされるが、当時堤さんには妻子がいた。
そのため、堤さんは妻と離婚について協議を続け、このほど協議離婚が成立した。


仕事がかなり上手くいっていて、人気もあってかなり好感度の高い安藤優子キャスター
というイメージが強いですが、恋愛では「不倫」になってしまうことが2回も。
・・・うーんという感じ。


■不倫の恋で苦しむ男たち (文庫) 亀山 早苗 (著)
[PR]
by pp0613 | 2006-12-27 13:22 | 芸能

KAT-TUN年間シングル1位獲得。


KAT-TUN年間シングル1位 (日刊スポーツ)

a0079375_139523.jpgKAT-TUNが24年ぶりの快挙達成。
年間シングル売り上げ首位を獲得した
のは今年デビューしたKAT-TUN
■Real Face (通常盤) [Single] [Maxi] (Amazon)

3月発売のデビュー曲「Real Face」
約104万枚の売り上げを記録。今年唯一の
ミリオンセラーシングルで、売り上げ年間首位となった。

デビュー曲が年間首位となり100万枚以上売り上げたのは、
82年のあみん「待つわ」以来だと言う。 同曲を含む3曲が
年間トップ20にランクイン。セールス面から見れば今年を象徴するグループとなった。


TOP10にランクした曲がほとんどミリオンセラーだった時代はもう昔の事なんでしょうかねぇ。
小室ファミリーが絶頂だったあの頃はもの凄くCDも売れて音楽番組も盛り上がっていた
印象があるんですが、時代の流れなんでしょうか。KAT-TUNは今年デビュー曲を発表。
しかし、グループ自体は前から存在していたのでなんとなく、新人のイメージがないんです
よねぇ。今年の顔としては数字やメディア露出的にもKAT-TUNが選ばれた事に納得は
いきますが、CDが売れなくなってきた時代なんだなぁと思いましたねぇ・・・。


<<関連記事>>
■亀梨和也「今年最も飛躍した俳優ランキング」1位!
[PR]
by pp0613 | 2006-12-27 13:07 | 芸能