倖田来未、2006年レコード大賞の泣きっぷり。

倖田17冠目、最優秀歌唱賞 (日刊スポーツ)

第48回日本レコード大賞が30日、東京・新国立劇場で開催され、
最優秀歌唱賞には倖田来未(24)が輝いた。
今年の倖田は、これで音楽やファッション関連の受賞で17冠を獲得。
さらに、EXILEとのコラボレーション曲「WON’T BE LONG」で特別賞まで得た。

今や、若い女性に計り知れない影響力を持つカリスマ。
この日も、3パターンのセクシー衣装で会場中を悩殺した。

最優秀歌唱賞を受賞者を呼ぶ際、カメラに映った倖田来未は
すぐに手で顔を覆い、大泣きした。あまりの早さにえ!?と思った。
ステージに上がる時少し前に披露した「夢のうた」の時とは違う
ミニスカートの衣装になっていた。見てる方は感動しなかったなぁ・・・。
涙を流しすぎて化粧が落ちないか気になってしまった。

新人賞を受賞した絢香の驚きっぷりの方が見ていて感動した。
今日は紅白歌合戦ですね。
[PR]
by pp0613 | 2006-12-31 16:39 | 芸能
<< <紅白歌合戦>“乳だし”DJ ... <フィギアスケート全日本... >>