日テレが巨人戦の放送試合数を来季から縮小。


日本テレビが巨人戦中継を大幅に削減 ( 日刊スポーツ )

a0079375_164373.jpg日本テレビが、来季の巨人主催試合の地上波中継を、
これまでの3分の2にあたる40試合とすることを発表。

久保伸太郎社長は22試合をBS日テレで放送することを
発表しながら、地上波放送減少をBSデジタル放送の強化と
説明。しかし、背景には巨人戦の視聴率低迷
あるのは明白。

「巨人軍が強くなり、かつ、強力なスポーツソフトとして戻ってくることを願います」
との本音を漏らした。東京ドームの巨人戦なら、日本テレビで確実に見られる
時代ではなくなった
。今季も開幕前は63試合を放送予定だったが、
優勝争いから遠ざかり終盤数試合をカット。57試合放送にとどまった。


確かに、私は野球ファンではないので、シーズン期に試合の延長で見たい
番組の時間が変わったり、見れなかったりすることに不満だったが。
野球放送も結構カット(削減)していたんですねぇ。かと言って、凄く視聴率の
取れる番組があるわけでも無い気もするので、減らすのはどうなのかなぁ?とも
思いますが、スポーツ中継はBSデジタルやスカパーとかそういったもので見る
という形が定着しそうな気がしなくも無い・・・。


<<スポーツ>>
■レッドソックス 松坂大輔誕生の記事
■松坂とレッドソックスが契約


■読売ジャイアンツ選手別応援歌2006 [Compilation]
[PR]
by pp0613 | 2006-12-15 16:03 | 芸能
<< 人気女子アナ、大橋未歩が城石選... ケータイ会社、0円!無期限!と... >>