「大人のふりかけ」が大人である理由


今さらながら……「おとなのふりかけ」が大人な理由

「おとなのふりかけ」は株式会社永谷園が
平成元年10月から発売しているロングセラー商品。

5袋入りの「おとなのふりかけ」と
20袋入りの「おとなのふりかけミニ」がメジャーか。

誰もが気になる素朴な疑問。
なぜ「“おとなの”ふりかけなのか?」
「子供向けではない理由があるのだろうか?」という記事。

(株)永谷園の広報担当に問い合わせた結果は
『ふりかけは何も子供だけのものではない』という発想のもと、
業界で初めて『おとな』にターゲットを絞った『おとなのふりかけ』を開発しました」という。

「ふりかけに使用する海苔は黒い刻み海苔が主流でしたが、
大人の嗜好に合わせ、『凍結乾燥した海苔』や『もみ海苔』を使用、
メニューも『紅鮭』や『わさび』とあるように『一格上』のふりかけに仕上げました」と
味も「おとな」仕様なのがポイント。

CMのおかげもあってか、子供から大人まで幅広い層に支持されているとのこと。

可愛いキャラクターのかいてある子供用ふりかけよりも量も多感じていたのですが
永谷園のHPで調べてみたら、量は変わらないんですね。
味が濃いめだから多く感じたのだろうか・・・?【永谷園HP】

高校生でもお弁当にふりかけを入れても
味も、パッケージも子供っぽくなくて良いというのもありそう。
[PR]
by pp0613 | 2006-11-22 15:15 | 面白ニュース
<< 飯島愛がAV界に残した功績 「デスノート」台湾では何と書か... >>