予想通り「0円」のソフトバンクの穴。

<公取委>ソフトバンクの「0円」広告を景表法違反で調査

ソフトバンクモバイルが携帯電話の新料金プランを
「通話料、メール代0円」と広告宣伝していることについて、
公正取引委員会が景品表示法違反(有利誤認)の疑いもあるとして調査していることが判明。

ソフトバンクは、自社間の通話やメールが無料になる新料金プランを23日に発表し、
26日から「¥0」と表示する広告宣伝を展開。これに対し、NTTドコモの中村維夫社長は
27日の会見で「広告でゼロ円を強調するが、さまざまな条件が小さく書いてある。
フェアなやり方か」と批判している。

KDDI(au)も「基本料70%引きの2880円が続けば、
実態のない定価9600円に対する大幅な割引価格となり、不当表示の可能性がある」と分析。

公取委はこうした指摘を受けて、実態調査に入っているという。



タダより怖いものは無いとはよく言ったものだなぁ、と。
聞いた時、ソフトバンク凄いって思いました。
でも、何かあるんじゃないかと思った。
色々制約があったり、他社との通話料が高かったり・・・。

とりあえず、すぐ乗り換えなくてよかった。
[PR]
by pp0613 | 2006-10-31 13:58 | 社会
<< 獅童&竹内 噂は本当だった別居... 男児の写真が欲しくて・・・小学... >>