亀梨ツブシに成功したフジテレビの作戦とは

亀梨和也ツブしに成功したフジテレビの高笑い

フジテレビの作戦勝ち?

日本テレビがスタートさせた連続ドラマ「たったひとつの恋」の視聴率が低迷。
主演は人気グループKAT―TUN亀梨和也(20)と、注目の女優、綾瀬はるか(21)が
ダブル主演している。町工場で働く若者と宝石店を営む金持ちの令嬢のラブストーリーで
前評判が高く、最低でも平均視聴率15%をクリアするといわれていた。

ところが、初回視聴率は12.8%、2回目10.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と
低空飛行が続いている。

『たったひとつの恋』が苦戦している理由として、
フジが裏番組で『踊る大捜査線』の特番を放送しているからと言われている。

ドラマ初回にぶつけてきた『交渉人 真下正義』の視聴率は21.4%、
2回目の『容疑者 室井慎次』は21.7%を叩きだした。3回目となる28日には
前2作以上に強力なスペシャルドラマ『弁護士 灰島秀樹』を放送予定。

フジの“日テレつぶし”が大成功と言われている。
日テレとKAT―TUNの蜜月関係にクサビを打ち込むのが狙いだとか。

確かに、イメージではフジとジャニーズ・日テレとジャニーズの組み合わせは
両方でよく見かけるような気がする。土曜9時の日テレのドラマはジャニーズ主演の
印象も強いし。どっちが良いとか、分からないですけど、人気ヒット映画が放送されてたら
見たいなぁと思いますねぇ・・・。
[PR]
by pp0613 | 2006-10-30 14:26 | 芸能
<< 安藤美姫が外国の変態マニアに大... サトエリと市川海老蔵の映画デー... >>