新ドラ視聴率!亀梨主演ドラマは低調スタート。


亀梨和也の主演ドラマが低調スタート

6人組「KAT―TUN」の亀梨和也(20)が主演の連続ドラマ
「たったひとつの恋」(日本テレビ)が先週スタート。人気絶頂アイドルグループの亀梨主演で
視聴率のほうも期待されていたが、初回視聴率は12.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

予想以上の低い数字に何かの間違いだったのではないか?と思うほど。
亀梨は夏のドラマ「サプリ」(フジテレビ)でも主演して不調だった。このままなら“2連敗”。
メンバーの赤西仁(22)の休業騒動でグループが注目を集めているだけに周囲もガックリか。
先輩の木村拓哉、長瀬智也らに比べると亀梨はまだヒヨコだ(ゲンダイネット)

ドラマの良し悪しは俳優や女優さんによるところもあるとは思いますが、
ストーリーがつまらなければ視聴率が良い訳がない。「たったひとつの恋」の
初回放送を見てませんが、「野ブタ。をプロデュース」や「ごくせん」などは
ストーリーや演出の面白さもあったと思うし、亀梨プラス誰か(何か)があったのも事実だろうか。
[PR]
by pp0613 | 2006-10-19 15:30 | 芸能
<< You Tube(ユーチューブ... お祝いに賞品に「金のドラえもん」 >>