『大みそかに亀田の試合を放送しない』と言い切ったTBS。

亀田一家 民放TV争奪戦


疑惑の判定でミソをつけて以降、乱闘騒ぎ、
怪しい再戦延期と立て続けにトラブルを起こし、火ダルマ状態の亀田一家。
ファンもマスコミも愛想を尽かしたかと思いきや、水面下では
民放各局の熾烈な「亀田争奪戦」が繰り広げられているという。


「コトの発端は、亀田と“一心同体”といわれていたTBSの腰砕けだとか。
一連の騒動で非難を浴びたからか、TBSの井上弘社長は会見で

『大みそかに亀田の試合を放送しない』と言い切った。

結局、12月20日の放送で落ち着いたが、亀田サイドは怒り心頭。
TBSから心が離れてしまったらしい。来年にはTBSとの契約が切れる
といわれていることもあり、他局が触手を伸ばし始めているのです。
番組内で史郎トレーナーを怒らせたテレビ朝日は厳しいかもしれないが、
フジ、日本テレビなどは可能性がある。
年間5億円もの契約料を提示した局もあるともっぱらです」(民放関係者)


「それでも視聴率が取れますからね。興毅のランダエタ戦は平均42%、
最高52%をマーク。大毅戦も深夜ながら平均8%、最高10%をたたき出しました。
さらに亀田兄弟の場合、負けたら負けたで高視聴率が期待できる。
TBS内でも『契約が切れる前に強敵をぶつけろ』の声も多いですよ」(事情通)


結局、テレビ局は“視聴率”さえ取れれば良いということなのですね。
年間5億の契約って金額が大きすぎるきがしますけど。
本当にそんな価値があるのだろうか。
[PR]
by pp0613 | 2006-10-13 15:03 | 芸能
<< ミッキーたちの破廉恥「乱交ビデ... 押切もえは「CanCam」トッ... >>