青田典子のエロおもしろい話はエロ哀しい。

青田典子の“エロおもしろい”トーク全開-初エッセー発売


初エッセー「ギリギリ。」(1200円、日本文芸社)を発売したタレント、青田典子(39)
都内でスポーツ各紙の取材に応じ、“エロおもしろい”トークを全開にしたそうだ。

同著ではバブル時代に現金1000万円を積まれて肉体関係を迫られた話や、
ストーカー化した男性に「一緒に死のう」とナイフを突きつけられた経験などを告白。

中でも仰天なのは、不倫関係にあった相手の妻が、
夫の男性器の先端部分に水性ペンで自分の名前を書いてきた
こと。

「エッチをしたら(妻の名前が)消えてしまう」という“浮気防止”策だったが、
青田はコトが終わってから男性の妻の筆跡をまねて書き直したとか。
「応戦しました。女同士のバトルでしたね」と当時を笑い飛ばした。


これは“エロおもしろい”ネタなのだろうか・・・
まさに話題になった“エロ哀しい”という言葉にふさわしいような・・・。


そんな青田さんは、同著を書くうちに結婚願望が再燃したそうで
「40歳までには結婚したい。相手? 今のところなかなか難しいですよね…」
とまさに“ギリギリ”の心境を語ったそうだ。

芸能人って結婚しようと思ったら誰だって結婚できると思うんですけどね
やっぱり誰でも良い訳にはいかないんでしょうね。
金持ちとか同業者とか有名な人じゃないと結婚相手にならない?


なんとなく思ったのだが、
“エロなんとか”という言葉っていつまで流行するのだろうか・・・。
[PR]
by pp0613 | 2006-10-12 13:35 | 芸能
<< 赤西仁の抜けた穴、どうなるKA... 高校講師、女子生徒の浴室盗撮目... >>