怖すぎる・・・映画「SAW3 ソウ3」

怖すぎて公開危機、米ホラー映画


米ホラー映画の人気シリーズ第3弾「SAW3 ソウ3」(ダーレン・リン・バウズマン監督)が、
あまりに凄惨(せいさん)な内容で、一般作品として「公開危機」に陥っていることが分かった。


何とか成人指定を避けたいとしているが、米国審査では4回も差し戻された問題作。
配給、宣伝、劇場関係者は、本編の到着をハラハラドキドキの心境で待っている。

同シリーズは密室監禁ものとして話題になり、
新作では、顔にまでに鎖を付けられるといった、悲惨なシーンが増えた。

日本でも年齢制限が付くことは確実だが、
成人作品とされるR-18(18歳未満入場禁止)になると、
公開館数、動員数が大幅に減ってしまうらしい。


シリーズ2作はR-15で公開され、
1作目の興収は3億1000万円、2作目は4億1000万円。
シリーズもので2作目がヒットする例も珍しく、固定ファンも多いとか。

今後の動きに注目が集まっているそうです。

こんな映画があったことすら知らなかった。
[PR]
by pp0613 | 2006-10-09 12:40 | 芸能
<< 水野美紀、ケータイ紛失でバレた... TOKIO松岡昌宏の意中の人!? >>