戦隊ヒーロー気になる“イエロー”の位置づけ。

「戦隊イエローは「力もち」か「女性戦士」か問題」


戦隊のイエローは、『パワー系』or『女性』、結局どっちのイメージなのか。

という話。
『決定版 全スーパー戦隊完全超百科』(講談社)という児童向けムックの解説をもとに、
調査した非常に興味深い記事である。

歴代の戦隊作品30作品中、登場するのは27イエロー。(なんだこの単位(笑))

まずキレンジャー、
「力もちで、爆弾頭つきがとくい」あと「カレーがすきだ」という解説。
変身前の大岩大太の写真も、カレーをむさぼっている。

続く2作目、『ジャッカー電撃隊』でいきなりイエロー消滅
力持ちキャラは、グリーンのクローバーキングが担当している。

4作目の『電子戦隊デンジマン』で、再び「力持ちのイエロー」という割り当てに。

結局、「力もち/パワーがある」など力自慢キャラとしての解説があった戦士が
キレンジャー含めて計26戦士。

色別にすると
イエロー・11 ブラック・8 グリーンとブルーがそれぞれ3 

と、やはりイエローが一番多い。
まずは、「戦隊で力持ちの色はイエロー」は確定。(凄い結果だ)

一方、女性のイエロー戦士が初登場するのが、
8作目の『超電子バイオマン』、イエローフォーから。
以後、イエローフラッシュ、ファイブイエローなど、
女性イエロー戦士の数は、現在までのべ9戦士。
ド定番のピンクの23に次いで、女性戦士で多い色だ。

結果
11対9で、現時点では「戦隊イエローは力持ちキャラ」の優勢ということになった。(らしい)


私はイエローは女性戦士というイメージの世代に育ったらしい。
ので、黄色い戦士=カレーとかのイメージがほとんど無いです。

女優として現在も活躍中の木下あゆ美さん(画像&関連記事)も
デカレンジャーで女性イエロー戦士でしたね。
[PR]
by pp0613 | 2006-08-18 14:32 | 面白ニュース
<< 仲間由紀恵「最悪のスキャンダル... “エロカワ”路線?過激になる後... >>