トイレ後の手洗いで気になる事

『トイレ後の手洗い、どうしていますか?』

トイレ後の手洗い、みなさんはどうしていますか?
という気になる記事。

石鹸・水洗いのみ・・・?

日本では液体石鹸がついている公共トイレは少なく、
あったと思っても匂いがひどかったり、水で薄められているのか、
泡立ちが悪かったりする場合が多い。

家庭内では、トイレの給水タンクと手洗いが一緒になったもので済ませている、
という人も多いのではないだろうか?

あの水圧では手を濡らすだけで終わってしまいそうだが、洗わないよりは良い。
ウォシュレットがあれば、手を使わずに済むので、それほど気にならないのかもしれない。

日本では、公共トイレと給食直前の小学校の手洗い場で
花王生活文化研究所がリサーチしたところ、
石鹸が設置されているにもかかわらず、使う人は少なく、
水洗いだけの手洗い時間は2~3秒という結果が出ているようだ。

厚生省生活衛生局による
「正しい手洗いマニュアル」通りに全行程を終えると120秒はかかると言います。

片手に、確認できる細菌は105個以上もあるという。
その殆どは食中毒原因菌などではなく、
普通の健康な人には害がない細菌で(皮膚常在菌)、
この菌が悪い菌を防御しているとも考えられているそう。

この皮膚常在菌は薬用石鹸を使っても簡単に減ることはないということで、
石鹸を使用したからといって菌がなくなる、という訳にもいかないらしい。

かと言って「洗わない」というのも不潔すぎる。
科学的な根拠はどうあれ、トイレ後の石鹸手洗い、実行しましょう!


という話しなんですが、
トイレの石鹸って容器に入った青い液体みたいなモノや
押すと泡が出てくるタイプのものはいいのですが
固形石鹸となると公共施設だとその石鹸自体が汚いような気がして
石鹸で手を洗うのを躊躇います。

a0079375_12183733.jpg

[PR]
by pp0613 | 2006-08-08 12:19 | 面白ニュース
<< 「めぞん一刻」伊東美咲以外のキ... 島田紳助暴行事件、女性の頭部を... >>