WaTとハロプロのユニットのターゲットとは・・・

「WaTとハロプロが異例の“競作”…「世界バレー」公式テーマ 」

男性デュオ、WaTと、アイドルグループ、モーニング娘。ら”ハロー!プロジェクト”が、
ユニット「WaT×ハロー!プロジェクト」を組み、
10月31日に開幕する「世界バレー2006」(TBS系)の
オフィシャルサポーターを務めることが発表された。

ユニホーム姿で登場したWaTのウエンツ瑛士
「視聴者の思いを選手に伝えて勝利のために全力で応援したい」とコメント。
モー娘。の吉澤ひとみも
「素晴らしい結果や良いプレーが出るよう全力で応援します」と意欲を語った。

一方、WaTとハロプロが協力して歌う公式テーマソング「Ready go!」も発表されたが、
両グループの所属レコード会社が違うこともあって別々に歌い、
今秋にそれぞれ発売されることに。

作詞を手掛けたWaTの小池徹平
「応援歌はあまり作ったことがないけど、素直に頑張ってほしいと思って書いた」とコメント。

人気グループが、同じ楽曲を“競作”するのは異例。
新曲を出せば常にチャート上位に顔を出す常連同士だけに、
白熱したランキング対決が勃発しそうだ。


小池徹平は今本当に人気がある。
美系でドラマ、映画などにも多く出演し、演技も上手く女性から圧倒的な支持を得ている。
ウエンツももはや完全にバラエティでお笑いとして活躍中。

ハロプロは一時期の大人気よりは劣るも、まだまだ根強い人気。

この2組が組む事で音楽業界に旋風が巻き起こるのだろうか。

【関連記事】
WaT版&ハロプロ版テーマ曲で競作


a0079375_14384937.jpg

[PR]
by pp0613 | 2006-07-26 14:39 | 芸能
<< 山本、高級マンションから撤退。 ジダンの頭突きソング発売決定 >>