山本の余罪が次々と明るみに・・・東京タワーもお蔵入りか。


山本出演「東京タワー…」お蔵入りも

未成年者と淫行したとされるタレントの山本圭一(38)が出演していたスペシャルドラマ
「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン」(フジテレビ)の放送延期が20日、
同局から発表された。
29日に放送予定だったが、ストーリー上、山本の出演シーンをカットできず決断。
同局では出演場面のカットや代役での再撮影も含めて検討しているが、
最悪「お蔵入り」の可能性もある。

山本は、大泉洋(33)演じる主人公の幼なじみ役。
お調子者で映画に感化されて上京し、主人公のアパートに転がり込んでくる。

出演シーンの数や時間は長くないが、
大泉をはじめとする他のキャストとの共演場面が多い重要な役どころで、
カットするのは容易ではない。

同局では「事の重大さを受け止め、少なくとも今放送するべきではないと考えた。
楽しみにしてくださった視聴者の皆さまには大変申し訳なく思う」とコメント。
延期の時期や今後の方策については
「これから慎重に判断したいと思います」と述べるにとどまった。

キャスト陣も豪華で、時間をかけて撮影されてきた大作。
ある関係者は「人間模様を丁寧に作った作品で、
山本の出演シーンにかかわっているキャストも多い。撮り直すのは大変だと思う」と指摘。
ほかの出演者のスケジュールなどがクリアされないと、
放送されない「お蔵入り」の可能性もある。

大泉洋のTVドラマ主演ということも楽しみであったし、
リリフランキーの名作で、ドラマ化を楽しみにしていた人もいただろう・・・

こんな大変なことになるなんて・・・
一人の罪がどんどん広がっていってしまうんですね。


【関連記事】

極楽とんぼ・山本のロリコン狂い
最低最悪・山本、過去にあった乱交記事
山本、以前から痴漢をしていた
極楽・山本の母親が胸中告白

記事を読んでると、山本は既に捕まっていてもおかしくなかったのではないか・・・と思ってしまう。


a0079375_12275033.jpg

[PR]
by pp0613 | 2006-07-22 12:28 | 芸能
<< 欽ちゃん球団・存続。出回ってい... アルバイト売春の婦人警官、警告... >>