極楽・山本「少女淫行」で吉本クビ。「反社会的行為」の核心とは

極楽・加藤 相方の不祥事に号泣謝罪

山本圭一が吉本興業を解雇された問題で、
「極楽とんぼ」の相方の加藤浩次(37)は19日、
司会を務める日本テレビ「スッキリ!!」で「決して許されるものではない」と話し、悔し涙を流した。
16年間連れ添っただけに思いは複雑で、何度も嗚咽(おえつ)。
「相方として深くおわびします」と頭を下げた。

 「ホントに、すっごい腹立ちますし、情けないし…」。
あふれる涙は、左手で何度ぬぐってもホオをこぼれ落ちた。

午前8時の番組冒頭。
まず「相方の山本が未成年の17歳の女性と飲酒し、みだらな行為を行ったという報道について、
私、加藤といたしましても深くおわび申し上げます」と陳謝した。

89年に劇団 「ヴォードビルショー」で同期だった山本とコンビを組んで丸16年。
オーディションで吉本興業入りし、体当たりのパフォーマンスでテレビのレギュラーをつかんでいくなど、苦楽をともにしてきた。

そのパートナーが“クビ”になったことに「16年連れ添った相方がこういった形で…」と言うと
「オ、オ~ッ!」と大粒の涙をこぼしながら嗚咽。
懸命に謝罪の言葉を続けようとするが、相方への思いを抑えきることはできず
「ちょっと気持ちの整理ができていない状況です」と苦しい胸中を吐露した。

吉本興業によると、前夜に山本の処分を加藤に伝えると「解雇はきついんじゃないか」とかばった。
ただ、詳細を話すと「事の重大さを理解してくれた」(同社関係者)という。


山本は02年末に学園祭で下半身を露出、
翌03年には女性に中絶を強要したことが発覚するなど問題が相次いだ。
そのたびに加藤は、自らの私生活をネタにして大衆の関心をうまくそらすなど何度もかばってきた。
そんな中で起きた今回の不祥事。
「山本のした反社会的行為は決して許されるものではない。
会社の下した解雇という決断を山本には深く受け止めてもらいたい」。
約2分間の釈明の最後で、90度以上も頭を下げた。



「淫行騒動の核心とは?」

お笑いの「極楽とんぼ」山本圭一(38)の少女淫行騒動で、吉本興業が謝罪会見を開いたが、

「事件については何も申し上げられない」の一点張り。

「裏に何かあるのでは」との憶測が広がるばかり。
会見でも「反社会的な勢力が関与していると聞いた」との鋭い質問が飛んだ。
この事件にコワモテが絡んでいるという説もある。
さらに被害少女側が「レイプされた」と訴えたという話も流れている。


そうなんですよね、決定的な「核心」というか「少女淫行」の具体的事実は憶測にしか過ぎないような気がしてしまいます。
想像するに、記事の通りレイプというのが即考えられるが・・・

それにしても、相方の加藤とドラマが延期になったフジテレビは大変そうですね。。
加藤の謝罪動画はYou tubeで流れてるそうです。

a0079375_123928100.jpg

[PR]
by pp0613 | 2006-07-21 12:43 | 芸能
<< 宮崎あおい同姓!!高岡蒼甫とは? 大人のお菓子「よっちゃんいか」 >>