超個人的な事を打ち上げる花火大会

「超個人的なことを祝う花火大会がある」

ローカルな花火大会の中でも、とりわけほのぼの度の高いものが、長野市にあった。

「鈴木くん、ご結婚おめでとう」パーン。
「山田さん、初孫誕生おめでとう」パーン。
「小池さん、88歳おめでとう」パーン。
「土屋さん、お引越しおめでとう。今度、新居に遊びに行かせてね」パーン。


なんと、個人がスポンサーとなり、
あまりに“超個人的”なお祝いメッセージが読まれる花火大会である。

時には感動の涙を誘った花火大会だったが、
平成12年を最後に終了したという。


当時は、3号玉3発12000円から申し込めるため、圧倒的に個人の申し込みが多かったそうで、
終了したことを嘆く声、復活して欲しいという希望や問い合わせも結構多いのだとか。


しかし、これとほぼ同じ形式で、『川中島古戦場祭り』というものもあるらしい。
第13回を数える花火大会で、今年は9月2日(土)19時から開催されるという。
いちばん安いものは、5号玉1発13000円からで、
「誕生、就職、結婚、還暦、米寿、個人の創業、新築、落成など、様々なお祝いメッセージがある。
こちらは、主催者が長野市商工会更北支所で、
花火のスポンサーの申し込みは7月20日まで受け付けているそうだ

メールで告白ではなく、花火で告白ってのも良いかもしれないですね。
花火と一緒にはじけて終わりでは哀しずぎますが。


・・・この話、昔なんかのテレビで見た記憶があります。
[PR]
by pp0613 | 2006-07-15 13:53 | 面白ニュース
<< 中村獅童・謝罪会見でバレた夫婦仲 亀梨×伊藤の月9「サプリ」、2... >>