藤原竜也100人斬り伝説?

「またも伝説を作った藤原竜也」

藤原竜也(24)、とにかく絶好調らしい。

まずは映画のヒットだ。
藤原が主演している映画「デスノート」は、公開16日目の今月2日までに120万人を動員。
興収は15億円を突破。


原作となった漫画は、単行本の発売部数が累計で1400万部に達したベストセラー。
今年11月には映画の後編も公開され、前後編を合わせた興収は予想で50億円という。
藤原のヒット伝説である。

藤原は舞台でも大入りの伝説を残している。
05年に主演した蜷川幸雄演出の「近代能楽集」は大盛況で、
埼玉、新潟、名古屋、大阪と全国アチコチに場所を移して上演された。
この成功を受けてニューヨークでも上演され、藤原は「NYタイムズ」でも評価された。
このヒットで藤原が所属するホリプロは増益となり、株価が上昇したといわれている。


もっとも、藤原の最大の伝説といわれているのは“10代で100人斬り”の逸話だろう。

「かつて藤原は、女性の太ももに顔を挟まれ、ウットリしている姿を写真誌で暴露されたことがある。
彼は16歳の頃、“ヤッたオンナの数は100人くらいかな”と豪語していたという。
彼の絶倫ぶりは芸能界の“伝説”ですよ」(芸能ライター)


仕事でもプライベートでも数々の“伝説”を築き上げる藤原。
次なる伝説は何か。ワクワクしてくる。


という記事。
藤原竜也100人斬りのネタはまったく寝耳に水であった。
爽やかなイメージなだけに驚きだ。というかこの記事を載せてるエキサイトに驚きだ。
ヤフーニュースだとココまで載せないようなイメージ。エキサイト面白い。
a0079375_1382712.jpg

[PR]
by pp0613 | 2006-07-09 13:06 | 芸能
<< 16歳長男、放火。 イワンが! >>